1. 目的

情報セキュリティの主な目的は、あらゆる場合において、LotusTSの運用の継続性を確保することです。 適切で効果的な情報セキュリティにより、ITソリューションへの可用性、プロセスとサービスで使用される情報の完全性、及びすべての運用国において機密性が保証されます。 このポリシーは、LotusTSの情報システムとデータ処理のセキュリティを確保することの基盤です。また、 Lotus TSの各従業員は、情報セキュリティに関する規定されたポリシーおよび社内規定を遵守する必要があります。

2. 情報セキュリティに関するポリシーおよび社内規定の策定

当社は必要な、 基本的要件及び判断基準を定めた「情報セキュリティ管理ポリシー」 を策定する。また、本ポリシーおよびプライバシーポリシー に基づいた社内規定を整備し、情報資産の適切な管理を行うための明確な方針・ルールを社内に周知徹底してまいります。

3. 法令などの遵守

当社は、関連法令及び契約上定められた守秘義務を遵守し、 必要に応じて自主管理基準を制定し、セキュリティの維持管理を実施する。 また、関係法令などの遵守に加え、当社が定めた規定・ルールなどの遵守徹底に努め、違反する行為があれば厳しく対処することにより、適切な情報管理に努力してまいります。

4. 情報セキュリティ管理組織の整備

当社は、保有するすべての情報資産の保護および適切な管理を行うため、情報セキュリティ管理組織を整備し、全社レベルの情報セキュリティ管理状況の把握と、リスク分析に従った必要なセキュリティ対策を迅速に実施できます。

5.適切な業務委託先管理の実施

当社が業務の全部又は一部を委託する場合には、業務委託先としての的確性を十分に審査し、当社と同等のセキュリティレベルを維持するよう、契約などにより定めます。また、これらのセキュリティレベルが適切に維持されていることを確認しつづけていくために、業務委託先への定期的な監査、管理体制の見直しなどを実施します。

6. 情報セキュリティ教育の実施

当社は、全社員ならびに関係者に対して、情報セキュリティリテラシーの向上を図るとともに、当社の情報資産の適切な管理を実行するための情報セキュリティ教育・訓練を継続的に実施してまいります。

7. 継続的改善の実施

当社は、全社レベルの情報セキュリティマネジメントシステム (ISMS) を構築・運用することにより、情報セキュリティの継続的改善を実施してまいります。

情報セキュリティポリシーについて、ご質問がございましたら、お気軽にご連絡ください。