2022年5月26日のLTSグループのブランド再生に備えて、新しいロゴとその意味をご紹介します。     新しいロゴは私たちの願望を表しています。 新しいロゴは蓮と火の組み合わせであり、才能のあるベトナムのITエンジニアに対する誇りと、テクノロジーの世界に貢献したいという願望を表しています。 蓮の花びらはベトナムの人々の意志と精神を表しており、炎は顧客に最高のソリューションをもたらし、次の5年間の変革と突破の時期に向けて爆発的なエネルギーを身につけるという渇望を示しています。 「コラボレーション」はロゴの背後にある主要なテーマであり、LTSグループの最重要のコアバリューでもあります。 COVIDのパンデミックと市場からのイノベーションのチャレンジによる困難な時期を経て、LTSグループが困難を克服し、顧客体験を最適化するための前提条件は、団結と支援であることがわかりました。 そのため、LTSチーム間の連帯と相互支援を象徴するために、織り交ぜられ接続された蓮の花びらを選びました。 また、3枚の大きな蓮の花びらを組み合わせることにより、種子を保護し、繁栄させることができ、目標とする「育成」というもう1つの私たちの価値を表します。 LTSは、私たちの成長のみならず、テクノロジーの世界の未来を育成するために、若い才能のある労働者を育成したいと考えています。このような若い世代はLTSの精神とベトナムの勤勉さを備えていますので、あらゆるチャレンジに直面し、最高の顧客価値を提供する用意があります。 最後に、ロゴシンボルは、地球地図のミニチュアモデルであり、5つの蓮の花びらを組み合わせて、グローバルに展開し、グローバルの顧客にサービスを提供したいというメタファーになっています。 最初の3つの大きな花びらを見てください。これらは、ベトナムの本社、日本支社、米国支社を含む私たちの未来の基盤を築きました。同時に、真ん中の2つの赤ちゃんの花びらは、種子の段階にある韓国とシンガポールの支社を表しています。 そして、LTSグループが世界中に広がることにより、最先端の品質のエンドツーエンドのサービスでより多くの人々を支援することができます。 なぜ青とオレンジ選びましたか 青は、私たちが注力している技術分野の象徴的な色であり、過去5年間のLTSの代表的な色でもあります。 ただし、青の色合いは、テクノロジーの世界の革新に合わせて、より新鮮で、威信があり、プロ意識を高めるように調整されています。 一方、オレンジは新しいブランドアイデンティティのまったく新しい要素であり、LTSグループを若々しくダイナミックなエネルギーで彩り、顧客満足への大きな熱意を表現し、次の5年間で大きなブレークスルーに私たちを駆り立てます。 LTSの人々は、新しいチャレンジに取り組み、チャンスをつかみ、より多くの価値を提供する準備ができています。 まとめ この新たなイメージで、LTSグループは繁栄し、サービスを強化し、2027年までにグローバルな存在感を持つ最先端のテクノロジー企業になるという目標を実現するために変革しています。あなたの旅に参加させていただきありがとうございます!

Lotus Groupの設立日から5年が経ち、多くの課題と成果がありました。 そして、私たちは、自分自身を変えるのではなく、私たちのみならず、あなた方全員のために自分自身をより良くするために、次の大きな一歩を踏み出す時が来たことに気づきました!  2022年5月26日に、新しいロゴと色でLotus GroupからLTS Groupにブランド再生を発表できることを興奮します。   なぜブランド再生するのですか? “より多くの人々により多くの価値をもたらすことがすべてになります。”  – Phung Thanh Xuan氏 – LTS Groupの最高経営責任者 何よりもまず、テクノロジー業界における私たちの使命は決して変わっていません。 Lotus GroupであろうとLTS Groupであろうと、私たちは世界中のおきゃに才能のあるベトナムのITエンジニアによって実行される完璧な技術サービスを提供するはずです。  今、私たちは、より多くの貢献をするという私たちの使命をさらに表し、再び思い出させるために変革を遂げています。 現在のブランドアイデンティティは、会社の所有者のみならず、投稿者や支援者にとっても、私たちの旅の重要なものになりました。 それでも、もちろん、ブランド再生の理由があります。 私たちのロゴにロータスのシンボルは、才能があり勤勉なベトナムのIT労働者に対する誇りを示しています。 それでも、ブランドイメージにより多くのお客様にサービスを提供したいという願望が含まれているのではないかと思うことがあります。 私たちは常にグローバルになり、高品質のエンドツーエンドのテクノロジーサービスで世界中のより多くの人々にサービスを提供したいと考えてきました。 さらに、LTSの人材とお客様を支援するのみならず、才能のある若い労働者を育成し、ITの世界に貢献したいと考えています。 そのため、目標をより適切に反映するようにブランドイメージを変革しています。 LTSは、Leading Technology Servicesの省略です。 私たちは、世界中の人々に最先端のテクノロジーサービスを提供するために、次のステップを準備しています!

VTC2とのインタビューでLotusTS(LQA)は「AIデータ処理サービスに対して、品質は最優先です」と述べた。 ロータスグループのメンバーであるLotusTSは、2021年Sao Khue賞授与式で「AIデータ処理の分野におけるトップITアウトソーシング企業」という素晴らしい賞をいただき、大変光栄です。その画期的な進歩のおかげで、私たちはVCT2にインタビューいただきました。当インタビューでは弊社のビジョンを共有し、 そのような高品質なサービスの提供方法を強調しました。    

ロータス・テクノロジー・サービス(Lotus TS)はISTQBパートナーシッププログラムにて「Silver Partner」に認定されました。 ソフトウェアテストに関する国際的な資格認定機関である。 「ISTQB」 そのパートナープログラムは、テスト技術者資格認定者の技術を通して、 品質技術およびテスト技術の向上に尽力している会社や組織を認定するスキームです。ISTQB®パートナープログラムは、ソフトウェアテスト認定への取り組みが実証されている組織を表彰します。 Lotus TSは、本質的な評価、審査に合格し、ISTQBの「Silver Partner」として認められました。「Silver Partner」に認定されたのは、証明書の数と社内のテスターの資格に関するISTQBの厳しい要件を満たす必要があります。 この成果は、グローバルスタンダードを備えた高レベルのテスターの継続的なトレーニングプロセスの結果です。 LQAの優秀な人材チームは、すべてのプロジェクトに最高品質のサービスを提供することにします。 ISTQBの「Silver Partner」になることは、将来的に「Global Partner」になるための最初の一歩です。 この成果は、グローバルスタンダードのテストサービスを提供する国際的に信頼できるQAパートナーになるというLQAの決意を強化します。

創業者がなぜLotus TSのシンボルとして蓮の花を選んだのか疑問に思ったことはありませんか?単に蓮の花が美しいからでしょうか。そこには深い秘密が隠されています。 1、蓮の花はベトナムの国花 ピンクロータスは伝統的なベトナムを象徴する花です。蓮の花には、グローバルに事業を展開したときに、ベトナムのプレゼンスをグローバルIT市場の中で強めたいというメッセージが込められています。 2、蓮は「純粋で質の高い」花 興味深いことに、蓮の花は全ての部分が異なる目的に使用できます。泥の中から成長してきて、美しく純粋な花に育ちます。品質保証会社としての当社の使命の一つは、顧客の品質を蓮の花のレベルに引き上げることです。純粋で質が高いという点でで蓮に勝るものはありません。 3、蓮の花は強い意思を持つ 地球上で、泥の地面から成長する植物の中で、蓮の花ほどに驚くほど美しく咲く植物はありません。同様に、LQAも創業当初は多くの困難がありましたが、BODのリーダーシップとメンバーの努力のおかげで、設立から三年で大きく成長することができました。 4、Lotusは「L」で始まる(Leading) 私たちのビジョンは、ベトナムのQAのリーディングカンパニーへと成長することです。そのために、私たちは一貫して品質の向上にこだわり続け、熟練した従業員を育成し、革新的な技術を日々取り入れています。

Daedaleanが「Lotus TSの高品質のサービスや柔軟的な対応を高く評価しています。去年にバウンディングボックス のアノテーションからピクセル単位のセグメンテーションまで様々なプロジェクトがあり、Lotus TSはいつも期間や要件通りにプロジェクトを遂行していただきました。Lotus TSが要件を正確に理解し、作業を開始する前にタスクの誤解がないことを確認することを心掛けるので、満足します。 スムーズなワークプロセスにより、相互作用が簡単かつ予測可能になります。これまで弊社にとってアノテーション業務を外部委託する時にLotus TSは信頼できるパートナーとなっております」という発表しました。 「Daedalean(www.daedalean.ai)は、人間のパイロットをリプレースできる自律型センサーとオートパイロットシステムを深く分析し、構築し、テストし、証明することを目的として2016年に設立されました。 最近、同社はイノベーションパートナーとしてEASAと協力して、ニューラルネットワーク保証のためのデザインコンセプトを開発しています。」 データ収集またはデータアノテーションという障害物に抱える場合はお気軽にご連絡ください。

ご相談・お問い合わせ