IT業界におけるリモートワークでのコミュニケーション:問題解決策を発見

IT業界におけるリモートワークでのコミュニケーション:問題解決策を発見

IT業界の急速な進化につれて、新たな働き方トレンドが発生しているので、コミュニケーション戦略の変更が必要だと言われています。最も注目されている働き方トレンドの1つはリモートワークです。

リモートワークは数年前から盛んになった働く勤務形態です。新型コロナウイルスの感染拡大を背景に、企業はニュー・ノーマルへの適応として、従業員の安全確保を目指すリモートワークを導入しています。その上、オフショア開発とアウトソーシング分野における企業にとって、リモートワークも疎い働き方ではありません。

社内のリモートワークかITアウトソーシングのリモートワークのどちらも、コミュニケーションを中心に管理、働きやチームワーク等の要素に努力が必要です。本記事では、IT業界におけるリモートワークでコミュニケーションの状況を発表し、この課題についてインサイトを提供していきます。

 

1. リモートワークが必要な理由は何でしょうか?

ITアウトソーシングの需要が高くなっていることにつれて、「リモートワーク」で働く人も近年増えています。2020年に、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、多くの企業は在宅勤務への変更にしました。

これまで、この働き方を導入した企業が少なくないが、従業員の2~5%しかがオフィス離れて働きます。しかし、パンデミックにより深刻化する世界を背景に、従業員の約95%が在宅で勤務しなければなりません。言うまでもなく、多くの企業はリモートワークを導入せざるを得ない、コミュニケーションの様々な問題に直面します。では、リモートワークはなぜ必要ですか。

 

a. ハイブリッドワークとリモートワークという傾向

前述してきたように、新型コロナのパンデミックの影響はリモートワークまたはハイブリッドワークの型勤務を導入している企業が増えることにつながります。リモートワークが盛んになったが、在宅勤務を一部従業員にのみて適用している企業もあります。言い換えれば、企業はテレワークとオフィスワークを組み合わせ、そして、この働き方はハイブリッドワークです。

新型コロナのパンデミックの前に、あらゆる業界におけるリーダーの14%だけは自社が仮想仕事の原理をサポートできることを確信します。ハーバード・ビジネス・レビューの最新調査によると、その率は42%になりました。

 

ITプロジェクにおけるリモートワークでのコミュニケーション:ハイブリッドワーク

 

リモートワークまたはハイブリッドはワークはスタートアップ企業からグローバル企業までのあらゆる規模での企業に適すると評価されています。実際にSalesforce、Twitter、Facebook、Dropboxなどの大企業はリモートワークの端緒を開きました。それにより、リスク軽減を中心にコスト削減のために、リモートワークまたはハイブリッドワークを適用する企業がますます増えています。

2030年までに、Z世代に労働参加率がほぼ100%に達するので、リモートワーク導入率は30%に増えていると予測されます。その上、専門家達の64%はどこでも仕事ができるので、リモートワークに関するポリシーが一般的になると述べました。(各企業や組織の71%に適用されています)

この点では、ITアウトソーシング、特にオフショア開発センターの場合とほぼ同じで、顧客とベンダーはリモートで作業する必要があります。 これらのサービスの需要も、世界経済の停止にもかかわらず、2022年に増加すると予測されています。

 

b. デジタル・トランスフォーメーション(DX)向けのITアウトソーシングサービス

現在、多くの企業がコアタスクに集中し、運用コストを削減する目的があり、さらにデジタルトランスフォーメーション、データセキュリティや顧客中心主義に対する要求があるため、ITアウトソーシングは効率的なソリューションの一つだと言われています。

グランドビューリサーチのITサービスアウトソーシング市場規模に関する業界レポートによると、2020年から2027年までの段階から年間成長率(CAGR)は7.7%に至ると予想されます。

技術要求によって、ITアウトソーシングの作業が違います。いくつかの場合で、ITアウトソーシングサービスはヘルプデスク、カスタマーサービス等の簡単なタスクを意味します。例えば、Microsoftは、カスタマーサービスとテクニカルITサポートのために、複数のサイトでベンダーを雇っています。これにより、企業は企業は人件費と運用コストを節約する可能です。もう一つ例はSlackが重要な事業運営を処理するために米国にコアチームを構築します。一方、オフショア開発センタは技術的なタスクを解決することを目的として設立されました。

このITアウトソーシングの普及により、その市場収益は9376.7億に達すると予想されています。

 

c. オフショア開発の新たなトレンド

ITアウトソーシング市場の成長にもかかわらず、多くのITリーダーはより低い予算で、より高い技術的な需要に対応したいです。それで、コスト削減のは数多の企業にとって最優先事項となっています。

2026年までに、アメリカの労働市場はは120万人不足するため、ITポジションを埋めるのはますます困難になっています。

2010年代半ば、企業がオンショア・オフショアを行うべきかどうか議論しました。しかし、ソフトウェア・アウトソーシング・プロバイダは海外事業拡大を実現し、ターゲット顧客向けシームレスサービスとしてオフショア開発センター(ODC)を建設します。

 

Remote work communication in IT projects - Offshore Development Center

ITプロジェクにおけるリモートワークでのコミュニケーション:オフショア開発センター

 

アジャイルとDevOpsという手法がトレンドになっているため、企業は長期間のオフショア開発からニアショア開発または近い国でのオフショア開発に変更するという傾向にあります。例えば、アメリカの企業がオフショア開発の委託先となるラテンアメリカ諸国を選らぶ一方で、日本の企業がベトナムのオフショア・サービス・プロバイダを選択します。

企業は躊躇わずにオフショアリングに積極的に投資します。その典型的な例として、Capgeminiが3億3000万ドルでCPM Braxisを買収し、そして、ヒューレットパッカードが中国、コスタリカ、インド、マレーシア、フィリピンやブルガリアのオフショアセンターの建立に10億ドルを投資ました。

オフショア開発センターの市場は有数と評価されていまし。中国だけも、世界のオフショア開発センター市場の50.5億ドルを占めています。

オフショア開発センターとITアウトソーシングのペースの速い開発は、効率的なリモートコミュニケーションに対する需要が高まっていることにつながります。。

 

2. リモートワークへの準備はどうすればいいでしょうか

ビジネスにリモートワークを導入せざるを得ないので、諸企業はこの突然の変化に適応できるように、リーダー、マネージャーと従業員をつなぐ必要があります。

新型コロナのパンデミックの前に、ほとんど企業は全社規模のテレワークの備えが全然ありません。しかし、従業員の安全を確保し、円滑に運営するために、多くの企業がリモートワークを検討していました。インフラストラクチャを準備し、自社の作業にリソースを割り当てます。毎日の仕事を管理する新しい儀式と方法が設定されています。 グループまたは1 on 1ミーティング とチェックインは定期的に行われます。 リモートワークの際に、望ましい結果を取得するために、一連の対策を講じるすることが必要です。

Remote work communication in IT projects - Remote work Culture

ITプロジェクにおけるリモートワークでのコミュニケーション:リモートワークの文化

リモートワークを実施すると、コミュニケーションとプロジェクト管理のツールはスタッフが要求、タスクとレポートに関する情報をやり取できるゲートとして重要な役割を果たします。効率的なコミュニケーションを確保できる限り、プライベート的な管理ツールか商用管理ツールかどちらもいいです。効率的なコミュニケーションのために、ファイルの添付、タスクの割り当てやレポートの作成等のことに役立つプラットフォームまたはチャネルを適用することが重要です。

 

3. リモートワークを行う際の良い習慣を構築するのに必要なことは何ですか。

リモートワークの文化を1日だけで構築することができません。仮想性とリモートでの管理方法は、多くの人が解決したいがそうすることができない問題です。

チームの高いモチベーションを推進できるように、最初にすべきことはチームワークが企業を成長させできるという通牒を強調します。その効果を達成するために、チームマネージャーは、プロジェクト、クライアントや市場の現在の状況について発表する義務があります。これにより、チームの全メンバーは会社の状況が早く知ることができます。全社規模で、授業員は会社の目標・成長に対する自分の貢献がわかります。

リモートワークでのコミュニケーションは仕事管理におけるだんだん重要な課題になっています。リモートワーク環境で効果を達成するには、重要なニーズと良好なコミュニケーションの構築・準備の方法を理解する必要があります。

この課題についてより完全に理解するには、9月1日に「IT業界におけるリモートコミュニケーション:社内で隠れている問題発見と対策へ」というウェビナーに参加することを強くお勧めします。

詳細についてはお気軽にご連絡ください。

Subcribe To Our Blog

    Popular Post

    Related Post