ITオフショア開発費用予測の方法

ITオフショア開発費用予測の方法

オフショア開発を実施する際、コスト削減は常に企業の最優先事項です。しかし、それをより小さなカテゴリーに分類すると、さまざまなオフショア開発モデルに対してさまざまな取り組みがあります。プロジェクトのオフショア開発費用を正確に予測するために、固定価格プロジェクトとタイム・アンド・マテリアルプロジェクトに関するガイドを確認してみましょう。 1. 固定価格プロジェクト この オフショアソフトウェア開発 モデルは、小規模または中規模のプロジェクトに適しています。これらのプロジェクトには、アウトプットが何であるかという明確な要件があります。予算が固定されているプロジェクト向けに調整されたプロジェクトベースのモデルは、このプロジェクトに何が期待できるかをすでに知っている場合に最適です。 固定価格プロジェクトのコストを予測するには、次のステップを実行する必要があります。 プロジェクトをより小さな部分に分割する 各タスクの手間を予測する 各タスクの価格単位を設定する インフラ施設のコストを予測する 追加コストを予測する   1.1 プロジェクトをより小さな部分に分割する 完全に予測するには、プロジェクトを小さな部分に分割する必要があります。オフショア開発プロジェクトには多くの機能とタスクが含まれているため、これらの機能について理解し、価格を検討することで、詳細な見積もりに何を含めるべきかについてより明確なビジョンを立てられます。 たとえば、外部委託されたテストプロジェクトでは、機能、モジュール、プラットフォーム、運用システムなどについて要件が異なり、それぞれ価格が異なります。プロジェクトを予測する際に、これらのリストからアウトソーシングする予定のものを把握できます。 1.2. 各タスクの手間を予測する オフショア開発プロジェクトで使用される最も一般的な計算単位は、月による労働時間(場合によっては日による労働時間)です。 通常、ベンダーは、何ヶ月かかるかによって見積もりを提供します。この数値を見たら、それが正確に計算されているかが分かります。そうでない場合は、この期間中にベンダーが何をしているのか、そして製品の納期を確保できるかどうかについて話し合って解決します。 1.3. 各タスクの価格単位を設定する これは、顧客とベンダーが各タスクの価格単位に関して行う方法です。まず、サービスの予想価格を述べます。これらの数値を考え出す前に、さまざまな場所、さまざまな会社の平均価格帯について調査する必要があります。次に、ベンダーに料金表を要求します。ベンダーは、人材プールや提供できるもの、そしてこれらの人材がプロジェクトに取り組むのにどれくらいの費用がかかるかについての詳細を説明します。 さまざまなソースからのレートを検討した後、どの基本レートを使用するかを決定し、どのベンダーがそれを提供できるかをさらに調べることができます。 1.4. インフラ施設のコストを予測する 多くのオフショアプロジェクトでは、遠隔地にいるチームを雇うだけでなく、インフラ施設もアウトソーシングすることになります。インフラ施設のコストだけでも、オフショア開発費用、保守の要件、ハードウェアの交換にかなりの費用がかかる可能性があります。 時々、アウトソーシングされたチームにスムーズに働いてもらえるために、ユーティリティをアップグレードおよび更新する必要があります。その結果、将来の予算不足を回避するのに役立つため、ITインフラ施設のコストを確保する必要があります。 1.5. 追加コストを予測する オフショア開発で追加コストが発生する状況は通常のことです。これらのコストは、管理コスト、計画外および予期しないリスクのコスト、手当、年間給付金、ボーナスなどから発生します。 これらの追加費用は一回で完全に予測できず、プロジェクトによって異なります。実際、それはベンダーが人材プールをどのように扱うかによります。多くの場合、ベンダーは年間ボーナスと管理コストを負担してもらい、サービス全体の価格を支払うだけで済みます。 したがって、将来追加費用を支払うことにならないように、サービ水準合意にすべての費用を含めることを忘れないでください。   関連記事 オフショア開発センター(ODC)についてAからZまで オフショア開発を実施する際にどんな課題に直面しますか? なぜベトナムオフショア開発を実施すべきでしょうか?   2. タイム・アンド・マテリアルプロジェクト タイム・アンド・マテリアル(T&M)契約は、世界中の多くの企業とプロジェクトで適用されているもう1つの一般的な オフショアソフトウェア開発 モデルです。タイム・アンド・マテリアルでは、オフショア開発費用の予測方法が少し異なります。 チーム構成を定義する 各ポジションのレート表を確認する インフラ施設のコストを予測する 支払いポリシーを確認する 2.1. チーム構成を定義する プロジェクト要件に関して、タイム・アンド・マテリアルは、プロジェクトの結果/製品がどうあるべきか分からない企業向けです。そのため、オフショア開発費用を予測する際に最初に特定する必要があるのは、チーム構成です。これを行うには、次の質問に答えてみましょう。 どのようなIT機能をアウトソーシングしたいですか? ソフトウェア開発ライフサイクル全体を実行するためのチームが必要ですか、それともソフトウェア開発またはソフトウェアテストをアウトソーシングしたいだけですか? アウトソーシングしたチームをどのように管理したいですか?プロジェクトマネージャーは企業の担当者にすることも、ベンダーから雇うこともできます。...

一般的なIT オフショア開発リスク を回避するには?

一般的なIT オフショア開発リスク を回避するには?

オフショア開発では、本当にビジネスに利益を期待できるかということについて、数々反対意見が載っています。多くの企業はオフショア開発がビジネスのパフォーマンスと予算に積極的に影響することから、賞賛している一方、オフショア開発の成果は、ビジネスにもたらすリスクを上回ることはできないとも述べています。この記事では、最も一般的な オフショアソ開発リスク とそれらを克服するためのいくつかの方法について説明します。 1. セキュリティリスク IT運用を他の会社にアウトソーシングすると、ビジネスの一部のコントロールを失うことは避けられません。特にIT機能の場合、システムデータや顧客情報などをベンダーに公開して作業を行ってもらうことが非常に多いらしいです。これはオフショアで行う場合に非常に一般的ですが、システム全体を簡単にダウンさせる潜在的なリスク、ミス、および障害が存在する可能性があります。   オフショア開発でセキュリティリスクの影響が出ると、ビジネスは次のような傾向になります。 セキュリティ違反の結果に対処するための莫大なコスト 信頼できない顧客 法的罰則 可能な補償とその結果としての訴訟 信用と評判の喪失 最大限のセキュリティシステムを確保し、ITタスクを信頼できるベンダーに委託するには、特に次の事項に焦点を当てる必要があります。 セキュリティシステム 理想的には、次のようなセキュリティを確保するための複数の対策を講じているベンダーを検討する必要があります。 ISO / IEC27001などの情報セキュリティの管理方法に関する国際規格 物理的セキュリティレイヤーと生体認証 法的文書および法的拘束力に関する合意 アクセス制御、ウイルス対策ソフトウェア、アプリケーションセキュリティ、ファイアウォール、VPN暗号化などを備えたネットワークセキュリティ。 セキュリティプロセス 詳細なセキュリティプロセスは、様々なステップからなる手順でセキュリティがどのように確保されているかを示します。これらの各ステップは、侵害やデータ漏洩が発生しないように、十分に保護され、十分に監視されたプロジェクトを構築します。このプロセスは、何をすべきか、そしてなぜ堅牢なセキュリティを実現する必要があるのか​​についての設計図を想像してみてください。また、このセキュリティプロセスは、各従業員のセキュリティ意識と回復力が大きく異なることであっても、同期の感覚をもたらします。セキュリティプロセスにより、顧客とベンダーの両方の従業員が特定の手順とルールに準拠し、すべてがスケジュールどおりに実行されるようになります。 セキュリティ証明書 ベンダーがシステムセキュリティをどのように処理するかは、この課題に関してどのくらい国際的な承認を得ているかということに反映されています。システムセキュリティに関しては、ISO / IEC27001が現在最も信頼され人気のあるセキュリティ標準です。これを活用できるベンダーは、情報セキュリティのリスク、脅威、脆弱性などを点検できることを常に証明します。これらのベンダーは、情報セキュリティ制御、リスク処理、および全体的なセキュリティ管理プロセスの一貫した包括的な適合性も知っています。   関連記事 オフショア開発センター(ODC)についてAからZまで オフショア開発を実施する際にどんな課題に直面しますか? なぜベトナムオフショア開発を実施すべきでしょうか?   2. コミュニケーション不足 効率的なプロジェクト管理とソフトウェア開発者の勤勉なチームがあったとしても、適切なコミュニケーションができなければ、パフォーマンスが期待に達すことができません。コミュニケーション不足は、情報を失うことに繋がり、システム全体を狂わせる要素になってしまいます。 言語の壁は、コミュニケーション不足の最も一般的な原因の一つです。フォーブス(Forbes)の調査によると、多様な労働力で働く管理者と指導者の67%が、言葉の壁が非効率につながると感じていました。このように、オフショアチームでお金を節約することはできますが、言語の壁がプロジェクトの完了と最終的な成功を妨害する可能性があります。 コミュニケーション不足は、以下のようないくつかの理由から引き起こされます。 ITアウトソーシングのベンダーの返信が遅すぎる ITアウトソーシングのベンダーは、すべての相談を会話ではなく電子メールを介して行うことが好む 明確なコミュニケーションチャネルがない アウトソーシング時のコミュニケーションの課題と困難を克服するために、リスクを最小限に抑えるために以下の方法をお勧めします。 ベンダーの日本語能力を評価します:契約に署名する前に、オフショア開発会社の担当者に電話をかけることをお勧めします。そうすることで、開発プロセスでコミュニケーションをとる担当者の日本語能力レベルを評価することができます。 プロジェックとにおける連絡の担当者を一人任命します:協力している相手にアイデアや情報アップデートを共有する担当者をあらかじめ指定する必要があります。 すべての情報が同調的に記録およびアーカイブされるように、使い慣れた通信プラットフォームを選べ出します。 必要な事項を決めてレポートを書式化します: 「どの数値を明確にする必要があるか?」、「どの仕様を評価する必要があるか?」などが答えるべきの質問です。 プロジェクトの様々な段階についていくために、毎日のミーティング、毎日のレポートを設定するコミュニケーション不足の問題を解決するために、別途ではありますが、もう一つの方法でアプローチすることができます。それは、地理的に近接しているベンダー、最も理想的にはニアショア開発企業を選択することです。ニアショアITアウトソーシングのメリットは、ベンダーとの間の時差というギャップを埋めて、長い待ち時間を防ぐことができることです。 3. 隠れたコスト コストに関しては、事業主がプロジェクトの全体的なコストを誤って計算することもあります。予測された数値と見積もりから見えるコストに加えて、思えない多くの隠れたコストがあります。これらの隠れたコストは、常に現在のIT市場の無意識から生じ、誤った市場調査やプロジェクトの進め方の劇的な変化につながります。結果として、これらの変更により、アウトソーシングチームに対応してもらうために、より多くの費用がかかってしまいます。 次に発生する可能性のある隠れたコストは、ベンダーの管理コストです。適切な管理方法とアプローチがなければ、外部委託されたプロジェクトは失敗のリスクにさらされ、スタッフの管理やその他の管理関連コストの緊急の必要性につながります。 このような状況では、ロータスQAは、隠れたコストを最小限に抑えるために次の手順に従う必要があると考えています。 確実なサービスレベル契約を設定して、各当事者の責任を明確に述べます。これは、ベンダーが合意されたとおりにタスクを遂行するための法的義務でもあります。...

ニアショアソフトウェア開発が完璧なソリューションである理由

ニアショアソフトウェア開発が完璧なソリューションである理由

ニアショア開発は、ソフトウェアアウトソーシング開発として新に注目されていますが、すでに多数の事業で行われ、多くの効果とメリットを期待できるソリューションです。では、 ニアショア開発とはどんなことでしょうか?ニアショアリングのメリットは? LQAの本記事でこれらの質問に答え、この有利な開発アプローチ方法を適用する理由を理解しましょう。 1.  ニアショア開発とは 何? ニアショア開発は、ITアウトソーシングの一種です。 ITアウトソーシングを活用することで、一般的にITセンターの置かれる所を構わないと考えられていますが、ニアショア開発では、顧客とベンダーは地理的に近くにあることが多いです。時差は2、3時間が理想的です。 たとえば、日本の企業は、ベトナムやその周辺国のオフショア開発センターを探すことがよくあります。 ITアウトソーシングは、多くの場合、企業がビジネスの運用またはIT運用全体に負担を減らすようにするためのソリューションです。よく知られているITアウトソーシングのメリットは、コスト削減、技術の専門知識、または移転時間の短縮などです。ただし、ITアウトソーシングプロセスに関しては、まだいくつかの欠点があります。次の潜在リスクが挙げられます。 1) コミュニケーションの問題 2) 慣例の違い 3) 時差の違い これらのリスクを回避するために、多くの企業はニアショアアウトソーシングに移しています。ニアショアアウトソーシングでは、顧客はITのいくつかの業務、つまりソフトウェア開発またはソフトウェアテストを近隣の企業に委任します。これを行うことにより、顧客は業務委託の作業を良く監督、管理することができます。ニアショア開発では、顧客とベンダーは、同様の言語、同じ文化、および便利なタイムゾーンを共有することが多いです。   関連記事 オフショア開発センター(ODC)についてAからZまで オフショア開発を実施する際にどんな課題に直面しますか? なぜベトナムオフショア開発を実施すべきでしょうか?   2. ニアショア開発のメリット 多くのビジネスリーダーは、ニアショア開発がITアウトソーシングの最適なソリューションであると考えています。 ITアウトソーシングサービスは一般にビジネスに多くのメリットをもたらしていますが、失敗事例が実際に認められており、委託が難しい実状の中でニアショア開発で問題が解決できる事例が多くあります。 ニアショア開発の主なメリットは コスト削減 時差の最小限 より簡単なコミュニケーション 文化的違いの最小限 2.1. コスト削減 ・費用対効果:アウトソーシングの最も際立ったメリットは、比較的に低コストではるかに効率的な方法で仕事を実行できることです。欧米の先進国と発展途上国の賃金パターンには大きな違いがあります。欧米で非常に高い価格で行われている多種の仕事は、インドのような発展途上国ではるかに安いレートで扱ってもらうことができ、その差は最大60%までさまざまです。 ・レーニングと採用のコスト削減:特定の種類の仕事を外部委託することで、会社または組織はそのために熟練した人材を雇う必要はなくなります。また、同じようにトレーニングプログラムを手配する必要はありません。仕事はその分野の専門家に引き渡され、作業の効率と品質を高めることも期待できます。 2.2. 時差の最小限 ITアウトソーシングに関しては、現地チームまたはリモートチーム(オフショアの場合もあります)を頼むパターンができます。しかし、コストを最小限に抑えるために、ビジネスリーダーは、はるかに低コストのオフショア開発のサービスに魅了されることがよくあります。この魅力的なコストの反面として、顧客とベンダーの間に時差があります。 時差によって自分の労働時間が相手の休憩時間であることが課題になります。大きな時差は、コミュニケーションの中断につながる可能性があり、これはITアウトソーシングプロジェクトでどうしても避けたいことです。 一方、ニアショア開発は、このデメリットを最小限に抑えることができるソリューションです。ニアショアリングベンダーはわずかな2~3時間先にあるため、時差のギャップは埋められ、両者は勤務時間中に打ち合わせることができます。誰も一晩働く必要はありません。 2.3. より簡単なコミュニケーション タイムゾーンがほぼ同じであるため、情報交換に問題が発生しません。ミーティングを簡単に設定することができ、質問などにすばやく回答をもらうことができます。問題やトラブルに対して遅滞なくすぐに対処できます。 アプリにバグがあり、ユーザーの使用体験とアプリのパフォーマンスがダメにされていることを想像してみてください。しかしながら、開発チームは地球の反対側にいて、おそらく彼らの夢の中にいます。どのチームにも連絡できず、バグを修正するには6~8時間待たなければなりません。バグが修正されるまでに、アプリは体験の低下により多くの顧客を失ってしまいます。 2.4. 文化的違いの最小限 ITアウトソーシングのニアショア開発は、顧客とベンダーの間の共通の視点と文化的理解のメリットがあります。 たとえば、ベトナムのオフショア開発センターは、日本、中国、韓国と同様の労働文化を持っています。根深い東洋文化により、同様の視点が築かれています。ニアショア開発チームと協力する場合は、顧客は同じ地域の規範、労働文化を共有するため、作業プロセスがより順調に進めます。   最後に ニアショアソフトウェアアウトソーシングはITアウトソーシングの新しいアプローチ方法ではありませんが、多くのビジネスレーダは企業にもたらすメリットを認識してきたことにより、この近年、適用が増加しています。全体として、適切に実行できたら、ニアショア開発は、コスト、互換性、およびコミュニケーションの面でいくつかの重大なメリットをもたらすことができます。   LTSによるニアショアソフトウェアのアウトソーシング LTSは、アジアの多くの国々のニアショア開発パートナーであり、優秀なIT人材を国際市場に送り込んでいます。...

効果的な 外部委託管理 の7つのヒント

効果的な 外部委託管理 の7つのヒント

どのようにして効果的な 外部委託管理 を実現できるのでしょうか。アウトソーシングは優れたツールですが、正しく管理できなければ、ITアウトソーシングプロジェクトで失敗してしまい、悩まされることが多いでしょう。本記事では、 ITアウトソーシングのポテンシャルを十分に活用するための7つのヒントをご紹介します。 1. 始めには、重要性の低い業務をアウトソーシングの対象とする ITアウトソーシングを実施する経験があまりない方は、ゆっくり関わっていくほうがいいでしょう。まとめて始めるのではなく、最初に重要性の低いIT機能でITアウトソーシングを試してみます。それらの業務委託の内容が簡単に理解できるので、初体験にはぴったりです。 例えば、テストをアウトソーシングしたいとします。まず、手動テストで単体テスト、統合テスト、機能テストなどから始めます。チームがもっと力を発揮できそうな効果が出たら、より複雑な作業を必要とする自動化テストに進みます。 これは、ITアウトソーシング管理の効率性のリトマス試験と見なすことができます。このような「トライアル」を通じて、ITアウトソーシングがどのようなものであり、アウトソーシングされたチームをうまく管理するために何が必要かを理解することができます。最悪の場合、アウトソーシングが期待に応えられない場合でも、コアでない機能にしか至らない、影響が小さいです。ビジネスの重要な部分には影響がありません。したがって、リスクは最小限に抑えられます。   一方、ITアウトソーシングが有望な結果を示している場合は、システムの経験と理解を、より大規模でより複雑なプロジェクト/機能に対して使用できます。 では、重要性の低い業務をどのように見だすのでしょうか。それは、何年にもわたって適用されてきた戦略的vs商品的アプローチという方法に繋がります。 この方法では、対象業務は2つの部分に分けられます。 競合他社との差別化を図らない商品。これらをアウトソーシングする ビジネスに不可欠な戦略的機能。これは社内に保管する。 ただし、実施方法は最終的な目標と契約の履行方法によって異なることを心がける必要があります。例えば、すでに商品的または戦略的機能として分類できている場合でも、品質確保とコスト削減をテーマとして、多数のサプライヤの入札を検討することがあります。多くの企業は、短期契約で2年間ほどこのようなアプローチを実施し、戦略的機能を外部委託できるかどうか検討します。契約の結果に応じて、アウトソーシングを続けるかどうか決めます。   2. 目標と要件を定義する 実際にプロジェクトを成功させるためには、ITアウトソーシングに何を期待するかを知っておく必要があります。コスト削減や大規模なタレントプールなど一般的で当たり前のことは目標にはなれません。目標をより小さな目標に分割する必要があります。各目標に実施するアクション、対象、および項目のチェックリストを含むようにしましょう。 例えば、パフォーマンステストをアウトソーシングしたいとします。プロセスの各段階に対して、全体的な要件をより小さな要件に分割します。 要件分析:アウトソーシングチームに何を扱っているかを知ってもらい、プロジェクトを明確にするための質問リストを準備してもらいます。 テストプロセス:分析と、テスト戦略、テストプラン、テストスケジュール、テスト環境、テストビューポイント、テストデザイン、テストスクリプト、テストシナリオ、テストケースなどを作成してもらいます。 テストの実施:バグレポート、テストログ、テストレポートなどを作成してもらいます。プロジェクトレポート:プロジェクト全体の効率性のレポートを作成してもらいます。   上記の目的から、それらを達成するための戦略的な計画を図ることができます。 アウトソーシング対象を具体化することで、アウトソーシングプロジェクトの次のステップの課題と業務分担をさらに図ることができます。明確な目標と要件は、アウトソーシングチームの管理にも役立ちます。期待される結果に達しないものはすべてレビューされ、必要に応じてやり直されます。   3. 適切なアウトソーシングタイプを選択する 実際には、会社の地理的位置によってオンショア、ニアショア、またはオフショアのアウトソーシングが選ばれます。 ➡ オンショア開発は、次の場合に適しています。 サプライヤーとのコミュニケーションを優先する 言語や文化の壁について悩まされたくない より良い管理と監督のために、サプライヤーといつでも簡単に相談できるようにしたい   ➡ ニアショア開発のアウトソーシングは、次の場合に適しています。 継続的なコミュニケーションとコスト削減の両方を確保したい チームに文化的な親しみを持たせたい   ➡ オフショア開発は、次の場合に適しています。 コスト削減は最も重要 時差を気にしない より大きなタレントプールがほしい 優先順位に基づいて、上記のITアウトソーシングタイプから選択できます。   関連記事: オフショア開発を実施する際にどんな課題に直面しますか? なぜベトナムオフショア開発を実施すべきでしょうか? ベトナムオフショア開発 を委託することにはどのようなメリットがあるのでしょうか。   4. 適切なIT 外部委託管理...

なぜ ベトナムオフショア開発 を実施すべきでしょうか?

なぜ ベトナムオフショア開発 を実施すべきでしょうか?

近年、東南アジアはテクノロジーの中心地として注目されています。この地域は、多くのユニコーン企業の本拠地であるだけでなく、だんだん人気のあるオフショア開発発注先になっております。価格競争力に加えて、優秀な人材、経済的なポテンシャルの高さにより、ベトナムも最高水準のITアウトソーシング・サービスを求める企業にとって誘惑の国です。ベトナムと言えば、経済が発展していない国または戦争で荒廃した国などのイメージが非常に連想されます。しかし、情報技術業界における近年の功績と未来の情報技術の成長に向けた新しい方向性により、 ベトナムオフショア開発 企業は、国際的な顧客の信頼を得ることに成功しています。   1. 大きな可能性を秘めたベトナムのソフトウェア・アウトソーシング ベトナムは東南アジアの中心に位置しております。ベトナムの標準時はGMT+7であり、アメリカより12時間、イギリスより7時間で速くて、オーストラリアより3時間、日本と韓国より2時間で遅いです。ベトナムの経済成長率は、2021年に約4.8%になると予測されます。具体的に、ベトナム計画投資省外国投資局(FIA)は1~9月の海外直接投資(FDI)認可額が前年同期比4.4%増の221億4,600万米ドル(約2兆4,500億円)だったと発表した。 過去2年間の新型コロナウイルス感染症感染拡大にもかからわず、ベトナムは着実に発展し、そして、活況を呈している業界の一つはベトナムのソフトウェア・アウトソーシングです。 1.1. ベトナムはICT産業、特にソフトウェアの輸出で盛り上がっている 約15年前にITアウトソーシングサービスが台頭して以来、ベトナムのソフトウェア・アウトソーシングは、隠された宝石のようなものであり、ビジネスにテクノロジーを応用したい企業を誘惑してきました。実際、2014年から現在まで、ソフトウェア開発およびサービスのアウトソーシングにおいて、ベトナムは日本の第2位のパートナーとしてその能力を証明しています。     また、2021年に発表された「Global Services Location Index」によると、ベトナムは、経済的魅力、人材のスキル・供給力、ビジネス環境、デジタル共鳴の4つのカテゴリーで6位にランキングされて、新たなデジタルハブとして浮上しました。また、Tholon社の「Top 50 Digital Nations」では、ベトナムは9位にランクインしています。20年前に技術の進歩がほとんど見られない時代遅れの国だったベトナムは、急速なデジタルトランスフォーメーション(DX)に拍車をかけました。ICT企業は国内市場にサービスを提供するだけでなく、ソフトウェアやその他のソリューションを大量に輸出するまでになりました。このことは、次のような数字で証明されています。 ICTの輸出総額は915億ドルで、そのうちソフトウェアの輸出額は35億ドルと報告されています。この数字は、2021年には少なくとも5%成長すると予測されています。また、ソフトウェア&ITサービスは110億ドルを占めています(Vietnam Software and IT Services Associationの報告書による)。 2016年以降、ベトナムは「東南アジアのシリコンバレー」と称され、今後のデジタル経済の活況が予測されています。この急激な発展は、政府が法的枠組みやイニシアチブの形成に乗り出し、IT部門の成長に焦点を当てているため、さらにレベルアップするでしょう。 パンデミックという困難な時期を乗り越え、世界で最も要求の厳しい顧客との仕事を経験したことで、ベトナムは世界のソフトウェア・アウトソーシング市場でますます好まれるようになっています。 1.2.ベトナムのIT市場成長指数 情報通信省の2019年総括および2020年方向性報告書によると、2019年のICT産業総収入は112,350Bドルと推定され、そのうち81.5%がICT輸出分となっています。2020年は、ベトナムがデジタルテクノロジービジネスの開発に力を入れる「Make in Vietnam」戦略を公式に発表した最初の年でした。その後、デジタルテクノロジービジネスの数は28%増加し、約6万社に達しています。 ベトナムのデジタルテクノロジービジネスは、E-commerce、Fintech、Ride/food order、Edtech、Healthcare、AI、Machine Learning、Blockchainなどの12の主要分野に集中します。この集中が世界のトレンドと一致することで、ベトナムの能力は世界の需要、特にITアウトソーシングサービスを求める企業の需要に応えることができます。 関連記事 オフショア開発センター(ODC)についてAからZまで オフショア開発を実施する際にどんな課題に直面しますか? ITオフショア開発費用予測の方法 2. 豊富なIT人材 ベトナムは世界の他の国々と同様に人材不足の問題に直面していますが、現在のIT労働者の数を見ると、業界全体の発展に向けて顕著な見通しが立っています。数字を見れば一目瞭然です。 現在、ベトナムには約40万人のITエンジニアがおり、さまざまな分野で活躍しています。養成機関を卒業する学生は、年間約5万人です。IT技術者の約53%が1〜3年の経験を持っています。面白いことに、数年の経験しかないにもかかわらず、多くのベトナム人技術者がシニア/リードレベルの専門知識を持っています。これらの数字から、ベトナムはITエンジニアの需要を満たすのに十分な人材プールを持っていることが証明されました。     ベトナムのITエンジニアは、世界のトレンドに合わせて、以下のような最も人気のある技術に焦点を当てています。フレームワーク/ライブラリについて フレームワーク/ライブラリ:Laravel(49.6%)、NodeJS(36.4%)、React(27.9%)。データベースの場合 MySQL (59.1%), SQL Server (40.0%), PostgreSQL (32.9%)、IDE&テキストエディターの場合 Visual...

2022年の ITアウトソーシング動向 7つ&熱が冷めるトレンド7つ

2022年の ITアウトソーシング動向 7つ&熱が冷めるトレンド7つ

 デジタル・トランスフォーメーション(DX)の時代に、IT企業はITアウトソーシング・プロバイダーとのより強力な戦略的パートナーシップを求めており、低コストのコモディティ・サービスの時代は終わりつつあります。IT組織がより戦略的になるにつれ、ITアウトソーシング・プロバイダーとのパートナーシップも変化しています。DX、自動化、コグニティブ・ケイパビリティ、そしてデータ革命は、ITの運営方法を変えるだけでなく、 ITアウトソーシング企業 と契約するサービスの種類や質にも大きな影響を与えています。 ここでは、今、IT アウトソーシングを揺るがしている技術、戦略、顧客ニーズの変化、そして、かつての熱気が冷め始めている動向を紹介します。ITアウトソーシングのパートナーシップを活用したいと考えている方、あるいは自分自身がプロバイダーとして ITアウトソーシング市場 に参入したいと考えている方は、以下のITアウトソーシング・トレンドの熱気を参考にしてください。 I. 最新の ITアウトソーシング動向 7つ 1. コンペティティブ・ソーシング As-a-Serviceオプションやインテリジェント・オートメーションの導入が進むにつれ、ITサービスの統合や真のベンダ不可知論が可能になり、ITリーダーはサービスプロバイダが企業のビジネスを奪い合うような競争的ソーシングモデルを採用することができるようになりました。 ビジネス・トランスフォーメーションとアウトソーシングのアドバイザリー会社であるPace Harmonのマネージング・ディレクター、クレイグ・ライトは次のように述べました。「このようなモデルでは、”チャンピオン “は、ビジネスの成果と変革的なパフォーマンスを提供することで報われます。サービスの統合と管理を活用することで、お客様は、共有の方法論、プロセス、ツールを利用して、チャンピオンとチャレンジャーを継目なしでサービス体験に結びつけることができます。」 2. リ・プラットミング トランスフォーメーションが流行語からビジネスチャンスへと進化する中、多くのITリーダーは、自動化、クラウド、最新のエンタープライズアプリケーションを活用することで、プラットフォーム全体をより適応性と拡張性の高いものへと移行しようとしています。 HfSリサーチ社のチーフデータオフィサーであるジェイミー・スノードン氏は、「このような状況を受けて、プロバイダーはビジネステクノロジーの基礎をより重視し、顧客の大規模な再構築を支援するための幅広いコンサルティングサービスを提供することになるでしょう。」と述べました。 3. 大規模なロボットプロセス自動化(RPA) エベレスト・グループのジョシ氏は、「さまざまなサービスプロバイダーが、自動化の影響について非現実的な約束をして、市場を混乱させました」と語りました。「企業はその失敗から学び、今では単純なプロトタイプを超えた実際に機能するソリューションを求めています」。 大規模なRPAの実際の成果が、今後の自動化を促進します。 HfSリサーチ社のCEOであるフィル・ファーシュ氏は、「企業は現在、プロバイダーやパートナーと協力して、テクノロジーを実際に活用し、産業化して、真のビジネスインパクトをもたらそうとしています」と述べていました。「アウトソーシング業界にとっては、大規模な自動化が役割やビジネスモデルに大きな影響を与える決定的な瞬間であり、プロバイダーは、自動化サービスやソリューションをどのように構築して再活性化させるか、また、効率性を高めてコストを削減するために社内で展開するかを賢く見極める必要があります」。 ISG社のパートナーであるスティーブ・ホール氏によると、自動化によってアウトソーシング案件の労働力要素が平均で40%削減されているという。 一方で、自動化製品はよりスマートになっています。「インテリジェントな自動化、機械学習、コグニティブ分析は、もはやTier Iサービスプロバイダーの独占領域ではありません。このような機能やツールは、クライアントだけでなく、ニッチな企業でも利用でき、手頃な価格で提供されています」とPace Harmonのライトは言いました。「そのようなツールや能力は、定期的な競争力のあるソーシングの障壁を取り除き、クライアントはロボットやAIの導入による大幅な人件費の削減の恩恵を受けながら、環境の戦略的コントロールを取り戻すことができます。」 4. プラットフォームサービス ITリーダーは、ビジネスの成果を達成する方法よりもビジネスの成果に関心を持っており、サービスプロバイダーがもたらす知的財産のプラットフォームに焦点を当てた議論が行われています。「今のところ、重点的に取り組むべき分野は、ITオペレーションと品質保証です。しかし、今後は、アプリケーション・サービスとユーザー・エクスペリエンスのほとんどが前提となるでしょう」とジョシ氏がおっしゃいました。 5. オンショアデジタルサービス 今日、DXがほとんどのIT関連の意思決定に影響を与えていることは疑いの余地がありません。ISG社のHall氏は、「今年は、すべての会話がデジタルに始まり、デジタルに終わりました。コスト削減は興味深いものでしたが、市場はビジネスとITがすべてのデジタルに多大な投資をすることで定義されました」と述べました。 その結果、より身近な場所でIT機能をアウトソースすることが、再び流行するようになりました。HfSリサーチ社のオドノヒュー氏は、「企業はDXの旅に参加したいと考えており、ソリューションのアイデアや開発に 参加 したいと考えています」と述べました。「これは、プロバイダーにとっては、従来のオフショアモデルでは提供できなかったサービス提供のためのより実践的なアプローチを促進するために、オンショアおよびニアショアの機能を構築することを意味します。 しかし、だからといってコスト削減のためのオフショアリングがなくなったわけではありません。「しかし、多くの企業は、ビジネス・デリバリー・センターやその主要な市場に近い、よりコストの高いITサービス拠点にリソースを集中させているため、最適ではないプロジェクト・エンゲージメントやオペレーション・モデルと格闘しています」とPace HarmonのWright氏は述べていました。「グローバル・デリバリー・センター(GDC)やサードパーティのアウトソーサーを利用したシェアードサービスは、コストを最適化したITデリバリー機能の主要な供給源となっています」。” 6. コンプライアンスとセキュリティの強化 ITアウトソーシングを利用する顧客は、プロバイダーのデータセキュリティと法令遵守の能力にいっそう注目しています。法律事務所Drinker Biddleのパートナーであるケン・ドート氏は、「世間の認知度が高まるにつれ、この分野における顧客の関心はますます高まっています」と述べ、データセットの完全な暗号化を要求するところもあると指摘しています。 また、クラウドセキュリティに対する関心も高まっています。Pace Harmon社のWright氏によると、サーバーからクラウドベースのサービスへの移行は、ITセキュリティ機能にとって学びの多い経験となっていますが、クラウドセキュリティの失敗の多くは顧客の責任であることが受け入れられつつあります。 Wright氏は次のように述べました。「ワークロードがクラウドに移行するスピードはますます速くなっていますが、これはセキュリティ設計の強化に助けられているためであり、セキュリティはもはやレトロフィットや思い直しではありません。「パブリッククラウドのメリットを最大限に活用するには、攻撃の脅威を軽減するために、マルチクラウドの展開全体で一貫した自動化された保護が必要です。新世代のツールにより、企業はクラウドセキュリティ管理を簡素化し、望ましい一貫性のある保護を実現することができます。」 7. 迅速なソフトウェア開発 「この3つのアプローチを採用することで、パートナーは革新的なソリューションを提供することができます。デザイン思考プロセスでは、IT部門が従来のモデルよりもはるかに早い段階で関与してビジネスに共感し、人間本位の問題文を定義して視覚化することができます」とPace Harmonのライト氏はおっしゃいました。「その後、ブレーンストーミングで問題解決策を考え、プロトタイプやテストでさらに学びと洞察を得ることができます。このような早期の発見により、IT部門はより良い体制を整え、サードパーティパートナーはソリューションを次のIT開発およびデリバリー中心のステージに迅速に移行させ、市場に迅速に提供することができます。反復的で整然としたアジャイルとDevOpsのプロセスは、創造的で反復的でユーザー指向のデザイン思考と、構想から運用までシームレスに結びつけます。   関連記事 ベトナムオフショア開発を委託することにはどのようなメリットがあるのでしょうか。...

VnExpressは戦略的なIT人材採用に関するLotusとFUNiXのパートナーシップについて掲載しました

VnExpressは戦略的なIT人材採用に関するLotusとFUNiXのパートナーシップについて掲載しました

ベトナムの大手オンライン新聞であるVnExpress(越南快訊)は、Lotusが常に対策を講じているIT人材の渇望問題に対する戦略的な動きとして複数の採用プログラムとイニシアチブで協力する相手となるFUNiXとパートナーシップを締結したことについて掲載しました。   Lotusにおける人事成長の潜在能力 現在、Lotusには約250人のテクノロジーエンジニアがいます。Lotusは、戦略的パートナーシップと革新的なアプローチを通じてIT人材の市場を開拓することにより、2026年に従業員数1000人の企業に成長することを約束しています。2022年だけでも、作業者、自動化テスター;Java、.NET、PHP、NodeJS、Reactプログラマー;画像データ処理などの職で350人近くのエンジニアを採用する予定です。     これらの候補者をLotusに惹きつけるコツの1つは、最大VND 50M /月の魅力的な給与レンジです。当社のCTOであるグエン・ホアン・ハイは、会社が年に2回業績と給与のレビューを実施して、昇進の機会を設けていると示しました。同時に、従業員がスキルと知識を向上させて頂けるためのサポートとして、専門家との専門的コースおよびスキルトレーニングコースも行っています。   FUNiXとの採用パートナーシップ Lotusは、11月22日にFUNiXとトレーニングおよび採用に関する戦略的協力合意書を締結しました。したがって、当社は、大学生および大学院学生が当社のプロジェクトで学び、働くことを歓迎します。また、FUNiXの学生を教育・訓練するために専門家を派遣し、学生と会社のギャップを縮めることを目的とした研修プログラムの開発にも参加しています。     Lotusは、FUNiXのオンライントレーニングモデルが実用的で効果的かつ先駆的であることを認め、FUNiXとのパートナーシップにより、情報技術における人材不足の問題を解決して頂けることを信じています。 FUNiXは他の教育プログラムの中で際立った特徴は、学生が学習過程で将来の雇用者に会う機会と環境を作り出すことです。「それにより、学生たちが目的地を明確に見られ、学習プロセスの大きな動機付けになると思います。」 FUNiXの創設者であるグエン・タイン・ナム氏が付け加えました。   Lotus・理想的な職場 ロータスグループは、Lotus Quality Assurance(LQA)とLotus Technology Services(LTS)を含み2016年に設立されました。現在、同社は、ソフトウェア開発、ソフトウェアテスト、AIデータラベリングの3つの主要なサービス分野に焦点を当て、ITサービスと人材を海外の顧客に提供しています。 同社は、INFINIQ、クアルコム、東芝などを含む9か国において60を超えた顧客に対して200近くのプロジェクトを実施しています。今年、ロータスはテスト能力の証明書プロバイダーであるISTQBのシルバーパートナーになり、ITサービスで権威あるサオ・クエ賞を受賞しました。同時に、B2Bビジネスランキングの大手エージェンシーであるクラッチから、ベトナムでトップのソフトウェアテスト会社としても認められています。 今後5年間で、ロータスは、日本、シンガポール、韓国、香港、および米国のコア市場での自動ソフトウェアテストおよびアウトソーシングサービスでさらに成長すると予想されています。   ITアウトソーシング管理についてさらにご質問がございましたら、お気軽にLotusの専門家にお問い合わせください。 Website: https://lotus-ts.com/jp Tel: (+84) 24-6660-7474 Linkedin: https://www.linkedin.com/company/lotus-ts/

AI搭載のバーチャルアシスタント:シンプルな 音声アノテーション による巨大な市場規模

AI搭載のバーチャルアシスタント:シンプルな 音声アノテーション による巨大な市場規模

AIを搭載した バーチャルアシスタント の市場規模は、2019年に34億4,200万ドルと推定されており、この数字は37.7%上昇して2027年には451億ドルを突破すると予想されています(CAGRの調査による)。そして、これはすべて、シンプルな 音声アノテーション から始めることができます。 AIによるバーチャルアシスタントの可能性と有用性は、技術的な側面と行動的な側面の両方からもたらされます。アプリ上でのアシスタントに対する需要の高まりと相関して、データトレーニングのためにAIシステムに継続的に入力されるデータがあります。 逆に言えば、AIを搭載したバーチャルアシスタントを実現するために最も重要な機能の一つが、データ入力、つまり音声アノテーションです。 1. AIと バーチャルアシスタント の急成長する業界 まず、IVA(Intelligent Virtual Assistant)とは、AIを搭載した仮想アシスタントというもので、人間と同じような応答ができるように開発されたソフトウェアのことです。 このアシスタントがいれば、質問をしたり、手配をしたり、さらには実際の人間のサポートを要求することができます。 1.1. なぜ バーチャルアシスタント が台頭してきたのか? インテリジェント・バーチャル・アシスタントは、主に顧客対応のコスト削減のために広く利用されています。また、ライブチャットやその他の形式のカスタマーエンゲージメントに迅速に対応することで、IVAは顧客サービスの満足度を高め、時間を節約するのに役立ちます。 IVAは、上記のような外部パフォーマンスに加えて、顧客情報を収集し、会話や顧客満足度調査の回答を分析することで、組織が顧客と企業のコミュニケーションを改善するのに役立てています。     インテリジェントなバーチャルアシスタントは、企業のアバターのような役割を果たします。顧客からの問い合わせを動的に読み取り、理解し、対応することができ、最終的には様々な部門のマンパワーのコストを削減することができます。 このようなIVAは、インフラのセットアップコストを省くことができるため、大企業に多く導入されています。これが、近年のIVAの収益が非常に高い理由であり、今後もそうなる可能性があります。 1.2.  バーチャルアシスタント は何ができるのか? AIを活用した仮想支援の使い安さや導入状況はいたるところで見られます。オペレーティングシステムやモバイルアプリケーション、あるいはチャットボットでも目にすることができます。機械学習やディープニューラルネットワークなど、AI技術の進歩を展開することで、仮想アシスタントはいくつかの特定のタスクを簡単にこなすことができます。 バーチャルアシスタントは、オペレーティングシステムでは非常に一般的です。これらのアシスタントは、カレンダーの設定、手配、アラームの設定、質問、さらにはテキストの作成などをサポートします。このようなマルチタスクのアシスタントは大規模なものであり、このようなアプリケーションはオペレーティングシステムの中だけに限られると思われるかもしれません。 しかし、モバイルユーザーやモバイルアプリの数が急増していることから、多くの起業家やスタートアップ企業が、自社製品のアプリ内にバーチャルアシスタントを導入し始めています。これにより、さまざまな分野で必要とされるデータ入力の需要が高まっています。 例えば、ヘルスケアサービスのアプリでは、医学用語などヘルスケアに関連する特定の 音声アノテーション が必要です。 ResearchAndMarkets.comの「インテリジェントバーチャルアシスタント(IVA)の世界市場2019-2025年」に関するレポートによると、「Industry Size, Share & Trends」と題して、次のように指摘しています。スマートスピーカーは最も速いペースで発展しており、IVAの主要ドメインとして浮上している。IVAでは、Text to Speechが最大のセグメントです。2025年には153億7,000万ドル以上の売上に達すると予測されています。 IVAの市場で優位に立っている国はヘルスケアを主要産業とする北米です。主要なプレイヤーは、Apple Inc.、Oracle Corporation、CSS Corporation、WellTok Inc.、CodeBaby Corporation、eGain Corporation、MedRespond、Microsoft、Next IT Corporation、Nuance Communications, Inc.、True Image Interactive Inc.などです。 このレポートを通して、AI搭載のバーチャルアシスタント市場の発展と成長の可能性が急成長していることがわかります。異なるドメインごとに、IVA導入のための異なるアプローチがあります。 より良いサービスやビジネスの発展のために、企業は効果的なカスタマーエンゲージメントを求めており、そのため、様々な製品に実装される仮想アシスタントの数は増加しています。...

パッシブ・リクルートメントによる技術系人材の探し方・採用方法

パッシブ・リクルートメントによる技術系人材の探し方・採用方法

IT業界では、優秀な人材がどんどん少なくなってきており、人事担当者は、潜在的な候補者を増やすための方法を模索しています。 Stack Overflowの開発者を対象とした最近の年次調査によると、積極的に仕事を探している回答者はわずかに15%であり、新しい仕事の情報を聞くことに興味を持っている開発者は約75%であるということです。これらの数字を見たら、人事担当者は従来のように「すでに仕事を探している候補者」を採用するだけにとどまらず、一般的なIT人材の75%を占める「受動的な候補者」のポテンシャルを把握すべきだということがわかります。 人事担当者は、パッシブ・リクルートメントの技術を認識することで、人材プールを効果的に活用し、拡大することができ、その結果、最も困難なITポジションを埋めることができます。 1. 受動的な候補者とは? 受動的な候補者とは、新しい仕事の機会を積極的に探していない人のことです。受動的な候補者は、すでに雇用されていることが多く、多くの企業が求めているスキルや経験を持っています。 2. なぜ人事スペシャリストはパッシブ・リクルートメントを行うべきなのか? Stack’s Overflowの調査によると、IT人材の求職状況について、回答者は以下の3つのグループに分類されました。 現在、仕事を探している積極的な候補者(15.2%) 雇用されているが、新たな機会を求めている受動的な候補者(58.7%) 雇用されており、新しい機会を考慮しない超受動的な候補者(15.2%) これらのグループの中で、受動的な求職者は最大のグループとして際立っており、需要の高い技術系の仕事に就く人事担当者にとっては、潜在的な採用ソースとなっています。 受動的な候補者は、現在雇用されており、他の雇用主でその役割をうまく果たしている可能性が高いため、人事担当者は、候補者の現在のプロジェクトを少し調べたり、相互参照チェックを行ったりすることで、候補者の潜在能力を確認し、評価する機会を得ることができます。 さらに、高度なスキルを持った候補者の市場での競争は非常に激しいものがあります。実際に、非常に優秀な積極的な候補者は、10日以内に市場から消えてしまうことが多いのです(officevibe.comが収集した統計による)。このような理由から、採用の可能性を高めるためには、採用担当者が受動敵な候補者を重視することが非常に重要です。 このグループに注目するもう一つの理由は、受動的な候補者が貴社のビジネスに影響を与える可能性が高いことです。彼らは、新しい職場で自分を変えようとする意欲が120%高いのです。さらに、これらのグループは主にシニアの技術系人材であるため、積極的な候補者と比較して、スキルアップの機会を必要とする可能性が17%低くなります。トレーニングの必要性が低いということは、必要な時間とリソースが少なくて済むということであり、これによって雇用主は多大な利益を得ることができるため、受動的な候補者は最も重要な採用ソースの一つとなっています。   IT業界における人材採用のソリューションに関する詳細についてはこちら❕   3. 積極的な候補者と受動な候補者 一般的に、積極的な候補者は求職活動に対するモチベーションが高く、すべての準備が整っているため、すぐに採用プロセスを開始することができますが、受動的な候補者は当然のことながら関与するのが困難です。そのため、採用担当者はより柔軟に、そしてさりげなくこの人材を活用する必要があります。 受動的な候補者 積極的な候補者 1. ポテンシャル 候補者とは? ほとんどがシニアレベルの技術系人材で、積極的に仕事を探しているわけではないが、新しい仕事のチャンスに前向きな人たちです。 仕事を持っているかどうかは別にして、転職サイトやソーシャルメディアで活動しています。彼らは、履歴書や応募書類を送り、あなたと一緒に採用活動を行う準備をしています。 2. プライオリティ 収入が大幅にアップすることを期待する 明確なキャリアパスを求め、転職先ではインパクトのある役割を求めている。 福利厚生や企業文化をより重視する ワークライフバランス 役職の改善 便利な場所 給料の良い仕事 企業でのトレーニングレッスンに期待する 3. 緊張感 なお、受動的な候補者は新しい仕事を探しているわけではありません。リクルーターが彼らのところにやってくるのです。転職したいという気持ちが彼らにはないので、リクルーターは彼らをゆっくりと見守り、彼らを温かく保つために会話を 「育てる」必要があります。 積極的な候補者は、すでに履歴書やポートフォリオを送っており、無職であるかどうかに関わらず、時間をかけて迅速な採用活動を行っています。いずれにしても、彼らは自分の時間を投資して、迅速な採用活動を行うことを望んでいます。 4. 採用プロセスの準備 履歴書やポートフォリオは使えません。採用担当者が経験やスキルを確認したいのであれば、情報を記入する別のフォームが必要です。 履歴書やポートフォリオが更新され、送付できるようになっています。 4. パッシブ・リクルーティングで成功するには? 受動的な候補者は仕事を探していないので、求人情報サイトにもアクセスしません。ソーシング戦略は、積極的な候補者を採用するための戦略とは異なるものでなければなりません。ここでは、求人情報サイト以外の場所で受動的な候補者を探す方法をいくつかご紹介します。 4.1. 組織の雇用ブランドを明確にし、強化する...

データラベリング の品質を確保するための基本的なガイド

データラベリング の品質を確保するための基本的なガイド

データの ラベル付け 品質の問題は、AI/MLコミュニティで大きな関心事となっています。このパズルを解くときに出くわす最も一般的な「原則」は、おそらく「Garbage in, garbage out」でしょう。 このように言うことで、私たちが強調したいのは、人工知能や機械学習の開発プロジェクトにおける トレーニングデータ との基本的な法則です。AI/MLモデルに供給される質の悪い学習データセットは、操作に多くの誤りをもたらします。例えば、自律走行車のトレーニングデータは、その車が道路上で機能するかどうかの決め手になります。質の悪いトレーニングデータを使用すると、AIモデルが人間を物体と間違えたり、逆に物体を人間と間違えたりする可能性があります。いずれにしても、質の悪いトレーニングデータは事故のリスクを高めることになり、自律走行車メーカーにとっては最も避けたい事態となります。 高品質な学習データを得るためには、データ処理の過程でデータラベリングの品質保証を行う必要があります。 弊社は高品質なトレーニングデータセットを確保するために、以下の3つのアクションを行っています。AI/MLモデルに最適なトレーニングデータを提供するための基本的なガイドをご覧ください。   1. データラベリング の品質管理を強化するためのお客様の要求を明確化 品質の高い データラベリング とは、単に最も丁寧にアノテーションされたデータや、最高品質のトレーニングデータを意味するものではありません。戦略的なデータアノテーションプロジェクトでは、 トレーニングデータ の要件を明確にする必要があります。アノテーションチームのリーダーが答えなければならないのは、どの程度の品質のデータが必要なのかということです。 データアノテーション品質を提供するベンダーとして、私たちが常にお客様にお聞きするのは、その要件です。「データセットを扱うのにどれだけ手間がかかるか」、「アノテーションの精度はどうしたいか」などです。これらの質問に答えることで、後々のプロジェクト全体のベンチマークとなるのです。     人工知能と機械学習の実装は非常に幅広いことを覚えておいてください。自律走行車や交通機関での一般的なアプリケーションのほか、AIやMLはヘルスケアや医療、農業、ファッションなどでもデビューしています。それぞれの業界には、何百もの異なるプロジェクトがあり、異なる種類の対象物を扱い、それゆえに異なる品質要件があります。 簡単な例として、道路のアノテーションと医療データのアノテーションを紹介します。道路のアノテーションの場合、作業は非常に簡単で、一般的な知識を持ったアノテーターがいれば大丈夫です。一方、このアノテーションプロジェクトでは、アノテーションが必要なデータセットの数が数百万の動画や写真にも及ぶため、アノテーターは許容範囲内の品質で高い生産性を維持する必要があります。 一方、医療データでは、特定の知識を持った医療分野で働くアノテーターが必要です。糖尿病性網膜症の場合、訓練を受けた医師が写真から糖尿病性網膜症の重症度を評価することで、この分野にディープラーニングを適用することができます。     よく訓練された医師であっても、すべてのアノテーションがお互いに一致するとは限りません。一貫した結果を得るためには、1つのアノテーションチームが各ファイルに何度もアノテーションを行い、最終的に相関関係を得る必要があるかもしれません。それは、与えられたデータがどれだけ複雑か、またお客様がどれだけ詳細なデータ出力を望んでいるかという問題です。これらが明確になれば、チームリーダーは必要な成果を得るためのリソースの配分を考えることができます。指標と品質保証プロセスはこの後に定義されます。 また、クライアントは、アノテーションされるすべてのデータセットの「ベンチマーク」となるサンプルセットを提供する必要がある。これは、データアノテーションの品質を保証するための、最もわかりやすい手法です。完璧にアノテーションされたデータの例があれば、今度はアノテーターがトレーニングを受け、仕事のベースラインを提示することができます。 ベンチマークを理想的な結果とすることで、各アノテーターの精度やパフォーマンスを評価するための一致率の指標を算出することができます。アノテーションとレビューの両方のプロセスに不確実性がある場合、QAスタッフはこれらのサンプルデータセットを使って、どれが適格でどれがそうでないかを定義することができます。   2.  データラベリング プロジェクトにおける多層的なQAプロセス データラベリング プロジェクトにおけるQAプロセスは、企業によって異なります。ロータスQAでは、国際的に標準化された品質保証プロセスを遵守しています。事前に設定された優先は、常にプロジェクトの開始時に明確にされます。これらの設定は1つの「ベンチマーク」にまとめられ、後にすべてのラベルとアノテーションの「ゴールデンスタンダード」として機能します。 2.1. 自己診断 このステップでは、アノテーターに自分の作業のレビューをしてもらいます。自己評価をすることで、アノテーターはプロジェクト開始時のデータアノテーションツール、アノテーション、ラベリングを振り返ることができるようになります。通常、アノテーターは、時間的にも仕事的にも大きなプレッシャーの中で仕事をしなければならず、そのために仕事に狂いが生じてしまう可能性があります。セルフチェックから始まる品質保証では、アノテーターがゆっくりと自分の仕事ぶりを見直すことができます。間違いや逸脱の可能性を認めることで、アノテーターは自分でそれを修正し、将来的にそれらを避けることができます。 2.2. クロスチェック データサイエンス、特にデータアノテーションにおいて、「バイアス」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。アノテーションの偏りとは、アノテーターがデータをラベル付けする際に独自の習慣を持っているため、提供されたデータに対して偏った意見を持ってしまうことを指します。場合によっては、アノテーターの偏りがモデルの性能に影響を与えることもあります。よりロバストなAIやMLモデルを構築するためには、偏ったアノテーションを排除するための有効な手段を講じる必要がありますが、そのためのシンプルな方法の一つがクロスチェックです。     アノテーションの過程でクロスチェックを行うことで、作品全体の見方が変わり、アノテーターは同僚の作品の間違いやエラーを特定することができます。また、このような異なる視点を持つことで、レビュアーは偏った注釈を指摘することができ、チームリーダーはさらなる行動を起こすことができます。チームリーダーは、手直しをしたり、注釈が本当に偏っているかどうかを確認するために再度評価を行ったりすることができます。 2.3. マネージャーの評価 アノテーションプロジェクトマネージャーは、通常、アノテーションプロジェクトの日常的な監督を担当します。主な仕事は、作業員の選定と管理、データの品質と一貫性の確保などであります。マネージャーは、クライアントからデータのサンプリングを受けて、必要なメトリクスの作業を行い、アノテーターの教育訓練を実施する役割を果たします。クロスチェックが済んだら、マネージャーはアウトプットをランダムにチェックして、クライアントの要求を遵守しているかどうかを確認します。これらのチェックに先立ち、アノテーションのプロジェクトマネージャーは、品質保証のための「ベンチマークライン」を引かなければなりません。一貫性と正確性を確保するために、事前に設定した品質に満たない作業は、手直ししなければなりません。   3. 品質保証スタッフの関与 データラベリングの品質管理は、アノテーションチームだけに頼ることはできません。実際には、専門的で経験豊富な品質保証スタッフの関与が必須となる。アノテーション作業の最高の品質を確保するためには、品質保証スタッフのチームが必須である。品質保証スタッフは、アノテーションプロジェクトマネージャーの管理下ではなく、アノテーションチームの外にある独立した部門として働きます。 データアノテーションスタッフ全体に占める品質スタッフの理想的な割合は10%を超えません。QAスタッフは、プロジェクト内のすべてのアノテーションされたデータをレビューすることはできませんし、するつもりもありません。実際には、ランダムにデータセットを取り出して、もう一度、アノテーションをレビューします。  ...

ご相談・お問い合わせ